« 「13階段」 | トップページ | 「模倣犯」 »

2002.07.24

千里眼シリーズ

松岡圭祐 小学館

スピード感のある展開はおもしろい。
読み始めると止まらないが、分厚いわりには早く読めるので楽。
主役の女性がとにかくスゴイ。
カウンセラーなんだけど、元航空自衛官の戦闘機乗り。
当然各種操縦から爆発物処理はお手のもの。
拳法武道はもちろん文学音楽にも精通。外国語も堪能。
人の目線の動きで何を考えてるのか何でもお見通し。
自衛隊からも戻るように懇願され、内閣にも欲しがられ、それなのに本人はスクールカウンセラーと被災地カウンセラーをやりたいだけ。
1,2冊目はかっこいいけど、やりすぎるとイヤミこのうえない人ですな。
ま、危機が訪れると切り抜け、切り抜けるとまた危機が訪れる。
休んでる暇のないジェットコースター小説。

|

« 「13階段」 | トップページ | 「模倣犯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1892348

この記事へのトラックバック一覧です: 千里眼シリーズ:

« 「13階段」 | トップページ | 「模倣犯」 »