« 「青の炎」 | トップページ | 「嗤う伊右衛門」 »

2002.08.21

「天使の囀り」

貴志祐介 角川書店

アマゾンの取材から突然帰国した一行が次々自殺する。「天使の囀りが聞こえる」と謎の言葉を残して・・・。

コワイ!!
読み終わってからトリハダがたった。
人体を蝕むものとしてウィルスがよくあるがコレもそのひとつ。
ウィルスより気持ち悪いアレ。
食事前には読まないように。

天使の囀り

(この記事は前の日記に書いていたものを移行しました)

|

« 「青の炎」 | トップページ | 「嗤う伊右衛門」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1892738

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使の囀り」:

« 「青の炎」 | トップページ | 「嗤う伊右衛門」 »