« 「天使の囀り」 | トップページ | 「巷説百物語」 »

2003.08.08

「嗤う伊右衛門」

京極夏彦 中央公論社

久々の京極。激分厚い京極本しか読んでいなかったので、なんて読みやすい!(笑) だから今まで手を出さなかったということもあるが。
お話がおもしろかったのでサクッと一気読み。
これは「魍魎の匣」の次におもしろいかも!読んでよかった。もっと早く読んでいれば京極の世界が広がっていたかも。
せっかくだからしばし京極に戻ろうか・・・・。

四谷怪談にこういう解釈があったのかと、ただただ感心するばかり。悲恋です。怪談話に仕立て上げられたお岩さんが可哀想。
この本には亡霊も物の怪も出てきません。すべては人間の為す事。屈折した想いがあれやこれやと・・・・。

ま、ハッキリ気持ちを伝えておけばよかったのに~とも思うけど、そりゃ時代でしょうかね。

嗤う伊右衛門

(この記事は前の日記に書いていたものを移行しました)

|

« 「天使の囀り」 | トップページ | 「巷説百物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2094963

この記事へのトラックバック一覧です: 「嗤う伊右衛門」:

« 「天使の囀り」 | トップページ | 「巷説百物語」 »