« 「第三の時効」 | トップページ | ウェブログはじめました »

2004.02.08

「空ノ鐘の響く惑星で」

渡瀬草一郎 電撃文庫

表紙が未来SFっぽいけど中身は中世ヨーロッパファンタジーでした。
主人公は王位継承権があるものの相手にされていない(本人も望んでいない)第4王子。
この世界には御柱というものがあり、そこからビジターという異世界からの来訪者が来る。
今回はそこから少女がやってきて主人公と出会う。
そして少女を追ってものすごい殺戮者たちもやってくる。

あらすじとしては目新しさはないのだが、気になることがてんこ盛り。
この作者は平安陰陽師ものがすごくいいので、中世ヨーロッパものはピンとこなかったのだが、心配無用だった。
相変わらずしっかりしたプロットと読みやすい文体、魅力あるキャラクター(美形とかカッコイイとかではない)で、先が楽しみだ。

「空ノ鐘の響く惑星(ほし)で」

(この記事は前の日記に書いていたものを移行しました)

|

« 「第三の時効」 | トップページ | ウェブログはじめました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1876273

この記事へのトラックバック一覧です: 「空ノ鐘の響く惑星で」:

« 「第三の時効」 | トップページ | ウェブログはじめました »