« 「千里眼の死角」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »

2004.03.06

「誰か」

宮部みゆき 実業之日本社

自転車に轢逃げされた父親の思い出を本にしたい娘二人と、その本の制作を手伝うことになった財閥の娘婿。
父親の過去を掘り下げつつ、いくつかの謎を解明していく。

だが、この謎の顛末が意外性もなにもない。
姉妹の確執も出てくるがおもしろくない。
結局何が一番言いたいのか?
轢逃げ犯のことなのか、父親の過去のことなのか、はたまた姉妹の確執なのか?
あちこち散らせた挙句、どれも薄い出来事になっている。

例えば、この主人公を探偵役にシリーズ化するのであれば、プロローグ的な「最初の事件」ということでいいかもしれない。
またそうでなければ、財閥の会長や主人公の妻など、主人公の周辺の人々が全く意味が無いのではないだろうか?

誰か

(この記事は前の日記に書いていたものを移行しました)

|

« 「千里眼の死角」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1830003

この記事へのトラックバック一覧です: 「誰か」:

« 「千里眼の死角」 | トップページ | 「クライマーズ・ハイ」 »