« 「薔薇の接吻~レマイユの吸血鬼~」 | トップページ | 「暗夜鬼譚~遊行天女~」 »

2004.05.23

「幽霊人命救助隊」

高野和明 文芸春秋

自殺して幽霊になった4人が神様に命じられて自殺志願者100人を救うことに。
自殺を考えるほどの深刻な状況がたくさん出てくるのだが、なにがなんでも救おうとする救助隊の奮闘振りはユーモラス。

幽霊は物質を動かすことができないので、自殺志願者の身体に触って阻止することができない。
そこで使うのが救助グッズの「メガホン」。
メガホンで説得し思考を誘導する。
時には第三者をうまく誘導し助けるように仕向けることも。
4人の中にヤクザの親分がいるので時に乱暴な言葉が出たりして、そんなところについ笑ってしまったり。
自殺という重い話の中に上手い具合に笑いの要素が混ざっている。

4人の死んだ年が違うので互いの時代の流行語がわからなかったり、時代のギャップが時折出てくるのもおもしろい。

いまのうちに読んでおけば、いざというときに4人の説得が聞こえてくるかも?

幽霊人命救助隊

|

« 「薔薇の接吻~レマイユの吸血鬼~」 | トップページ | 「暗夜鬼譚~遊行天女~」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/640238

この記事へのトラックバック一覧です: 「幽霊人命救助隊」:

« 「薔薇の接吻~レマイユの吸血鬼~」 | トップページ | 「暗夜鬼譚~遊行天女~」 »