« ころころコロコロ変わって!!(怒) | トップページ | パンプリン »

2004.06.11

「Ave Maria」

篠田真由美 講談社NOVELS

建築探偵シリーズの番外編。
薬師寺家事件の時効成立間近、平穏に暮らしている蒼(あお)をおびやかす者が現れる。
事件後心をとざしていた蒼を救った桜井京介にも明かさず一人で解決しようとするが・・・。

シリーズを重ねて、蒼は少年から高校生、大学生となってきたのだが歳は重ねているのに言動や行動が幼すぎる感があった。
それがどういうことなのか蒼本人が考えているくだりがあるのだが、うーん・・・・それを読んでも作者の言い訳にしか聞こえないんだよね~。
幼さの意味づけをするためにわざわざ解明済みの薬師寺家事件を掘り返しているような。
起きる事件も新たな人間関係も無理矢理な感じがして存在が軽い。

まあ、番外編だし、こんなものかな。

|

« ころころコロコロ変わって!!(怒) | トップページ | パンプリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/750122

この記事へのトラックバック一覧です: 「Ave Maria」:

» 篠田真由美「Ave Maria」 [フォーチュンな日々]
本日ご紹介するミステリーは、篠田真由美さんの「Ave Maria」です。こちらの作品は「建築探偵シリーズ」の番外編となっています。「原罪の庭」のネタバレが含まれていますので、「原罪の庭」を読まれてから、お読み下さい。 ●あらすじ大学二年になった薬師寺香澄が関... [続きを読む]

受信: 2005.11.30 00:01

« ころころコロコロ変わって!!(怒) | トップページ | パンプリン »