« FFX-2を突然始めてみる | トップページ | 「聖なる血」 »

2004.08.05

「千の翼の都 翡翠の怪盗ミオン」

樹川さとみ 角川ビーンズ文庫

都を騒がせる怪盗黒アゲハ。その正体はドジな侍女ミオン。
ミオンが仕えているのは黒アゲハを捕まえようとしている若き巡検使隊長ジューロの館だった。

ミオンが魅力的。
無駄な美形の堅物ジューロに振り回されるミオンがほほえましい。

タイトルの「怪盗ミオン」で軽快なコメディタッチなのかと思ったら違った。
異種族間の争いが根底にあり、物語の奥は深い。

これ、次巻があるのかな?あるよね?
一巻完結でもよさそうな終わり方してるけど続きが読みたい。

千の翼の都 翡翠の怪盗ミオンイラスト 鈴木理華

|

« FFX-2を突然始めてみる | トップページ | 「聖なる血」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1127934

この記事へのトラックバック一覧です: 「千の翼の都 翡翠の怪盗ミオン」:

« FFX-2を突然始めてみる | トップページ | 「聖なる血」 »