« 「ヘーメラーの千里眼」 | トップページ | 「砂漠の花」I~V »

2004.09.26

「ブローデル国物語 氷の肖像」

橘香いくの コバルト文庫
ブローデル国シリーズの2巻目。たぶん。
シリーズ物なのに、これ1冊しかなかった。(-_-)
まあ、この作家さんの雰囲気がわかればいいか、と。

謀反に加担しブローデル国を追われた侯爵の亡命先での出来事と、侍女であり従妹であるニノンとの絆の話。

終盤、ここぞというところで心理描写が物足りない。
それまで書き込んでいたのに、どうして唐突な最後で収まるのか。
所詮お貴族様のエゴか。
侯爵の心の動きをもう少し描いてほしかった。

シリーズの中の外伝的な話らしいのでこんなものかな。

|

« 「ヘーメラーの千里眼」 | トップページ | 「砂漠の花」I~V »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1524748

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブローデル国物語 氷の肖像」:

« 「ヘーメラーの千里眼」 | トップページ | 「砂漠の花」I~V »