« 「GOTH」 | トップページ | サイドバーのお片づけ »

2004.10.16

「臨場」

横山秀夫 光文社

「終身検視官」と異名を持つ捜査一係調査官、倉石。
自殺なのか他殺なのか、現場の刑事たちと違う眼で真実を見つけていく。
時には現場の判断をも覆す発言をするので、反感を持つ者もいれば、‘校長’と呼んで心酔する者たちもいる。
言葉は短く何を考えているのかわからない面があるが、その実、熱い心を持って死者と残された者たちに向かっているのがわかる。

一見、重厚そうな本だが連作短編なのでさくさく読めた。
話が進むほど読みやすくなる。

臨場

|

« 「GOTH」 | トップページ | サイドバーのお片づけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1696654

この記事へのトラックバック一覧です: 「臨場」:

« 「GOTH」 | トップページ | サイドバーのお片づけ »