« 「冥夜の帳を切り開け」 | トップページ | 現代の陰陽師 »

2004.10.05

「灼眼のシャナVI」

高橋弥七郎 電撃文庫
「灼眼のシャナ」の6巻目。

今作はバトルがなく、シャナの気持ちの揺れ動きを描いている。

フレイムヘイズのシャナはこれまで人と深く接することがなかったので、自分の中に生まれた悠二への恋心がわからない。
んで、1巻分、吉田さんにイライラしてグダグダしてます。
悠二のお母さんはほんわかいい感じです。

でも。
話の起伏がなくて読むのがしんどかった。
だからなのか?

なんというか・・・・。
ある意味サービス本か?
挿絵が・・・・・。
デフォルトはセーラー服ね。それに加え本日のメインはスクール水着。吉田さんは胸がデカイんだ。へ~。
浴衣姿ににエプロン姿。ああ、そういえば何も着てないのもあったか。
何を着ていても萌はしないが、のびやかな絵柄はけっこう好み。

次巻はシビアになりそうな気配。

灼眼のシャナVIイラスト/いとうのいぢ

|

« 「冥夜の帳を切り開け」 | トップページ | 現代の陰陽師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/1599521

この記事へのトラックバック一覧です: 「灼眼のシャナVI」:

« 「冥夜の帳を切り開け」 | トップページ | 現代の陰陽師 »