« 「炎の蜃気楼39 神鳴りの戦場」 | トップページ | 「嘆きのサイレン」 »

2004.11.27

「アリソン」

時雨沢恵一 電撃文庫

学生のヴィルと軍人のアリソンは幼馴染。
ある日2人はホラ吹きの老人から宝の話を聞く。その宝は戦争を終わらせる価値のある宝だという。直後に老人は何者かに誘拐され、2人は後を追うが敵対する隣国に入ってしまう・・・・・。

空軍パイロットのアリソンは登場からぶっ飛んでいる。そしてその後の操縦も行動も。(^_^;)
これが女の子なのだから参ってしまう。
呆れながらも的確なフォローをいれるヴィルは、アリソンの溌剌さを引き立てつつ中和する存在。
2人の静と動の組み合わせが魅力的。

落ちこぼれ学生の補習で世界観を説明するあたりとてもわかりやすかった。そんなに難しい世界じゃないけどいかにもな文章より全然すんなり入り込める。
読みやすい文体にテンポのいい会話とストーリー展開で最後まで楽しく読めた。

アリソンイラスト 黒星紅白

|

« 「炎の蜃気楼39 神鳴りの戦場」 | トップページ | 「嘆きのサイレン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2082778

この記事へのトラックバック一覧です: 「アリソン」:

« 「炎の蜃気楼39 神鳴りの戦場」 | トップページ | 「嘆きのサイレン」 »