« 「嘆きのサイレン」 | トップページ | 「炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて」 »

2004.11.29

「FLESH & BLOOD」7

松岡なつき 徳間書店キャラ文庫

拠点のプリマスへ戻ってきたジェフリーと海斗。
「プリマスへ帰ったら・・・」の約束どおり・・・・始まってしまいました。あーうー。

が!
そんなことよりも!
海斗と同じようにタイムスリップしてきた人と出会ったり、某方が実力行使に出たり(これにはビックリ!)、さらにあっちのあの方が凶悪に登場!

またしても離ればなれになる2人でした。かわいそー。
次巻以降の奪還作戦が楽しみだー!

ところで前回の感想で、海斗の魅力がわからないと書いたけど、今回はわかるような気がした。
海斗、かわいいかも・・・。(^^ゞ

FLESH&BLOOD 7イラスト 雪舟薫

|

« 「嘆きのサイレン」 | トップページ | 「炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて」 »

コメント

CHAKIさん、おひさです~。
今、此処に来てビックリです(^_^;)。
松岡なつきさんの小説を読んでらっしゃるのねっ(≧~≦)。
でも、私はこの作品はまだお目にかかっておりやせんが(^_^;)。
ちょっと前までは結構ハマりまくりで、色んなシリーズ買ってましたよ~♪
私の本棚には何冊か松岡さんのご本が(^_^;)。
モチロン、BL系ですけどね(苦笑)。
また興味があれば色々とお教え致しますぜぃ( ̄∀ ̄*)。

投稿: 鳴海 蒼 | 2004.11.30 20:26

\(-_-;) マテ。
私ゃBLは読まんぞ。基本的には。
これは6巻までは何もなかったんだよー。(←強調(笑))

16世紀と現代のギャップ(特に衛生観念がスゴイ!)とか船上のこととか歴史上の人物が出てきたりとかが面白いです。
7巻ではコーヒー・紅茶がまだ無いというのがあって愕然としたし。今あって当然のものが無い辛さを身にしみて感じられます。(>_<)

まー、コトに及んだとしても元の話が面白ければそれでいいっす。(^_^;)

投稿: CHAKI | 2004.11.30 23:34

こりゃまた失礼しやした~(T-T)。
そうでしたわね~(T-T)。
私としたことが~(T-T)。

投稿: 鳴海 蒼 | 2004.12.01 06:32

ま~、勘違いしても仕方無いよね~。微妙な線を読んでるのは認めます。ハイ。(^_^;)

読めるのは、

1.恋愛エロ抜きでも話がおもしろい。
2.主役が超絶美形。
3.表紙とタイトルがあからさまじゃない。

というところです。(^_^;)
思い当たる作品があったらヨロシク☆

投稿: CHAKI | 2004.12.01 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2097289

この記事へのトラックバック一覧です: 「FLESH & BLOOD」7:

« 「嘆きのサイレン」 | トップページ | 「炎の蜃気楼40 千億の夜をこえて」 »