« 『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』 | トップページ | 『運命は剣を差し出す 1』 »

2004.12.29

『電波的な彼女』

片山憲太郎 集英社スーパーダッシュ文庫

奴隷、下僕、騎士、従者・・・・・?
放課後の体育館裏に呼び出され忠誠を誓われた。ジュウ様は前世の絆で結ばれた我が王なのだと・・・・・。
意味不明な言動を繰り返す秀才女子高生・堕花雨につきまとわれる、不良高校生・柔沢ジュウ。
同じクラスの美少女・美夜や優等生・藤嶋香奈子らに絡まれながら気だるい高校生活を送る。
その頃、巷では連続通り魔殺人が起こっている・・・・・。

前世がどうこういうがオカルトではなく電波的思考。
学校でわやわや絡んでいるときは学園物として軽く楽しめる。

が、凶暴な母が出てくるあたりから微妙な雰囲気に・・・・・。
通り魔殺人事件に関わることで嫌な予感は確実になる。

終盤、グロイほどに凄惨。
お気楽な“電波”だと思って読み始めると痛い思いをするかも。
傷口のぐちゃぐちゃが苦手な人は覚悟を。

気持ち悪さと爽やかさが同居する不思議な読後感を味わえる。

・・・続編はないんでしょうかね?

電波的な彼女イラスト 山本ヤマト

|

« 『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』 | トップページ | 『運命は剣を差し出す 1』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2383703

この記事へのトラックバック一覧です: 『電波的な彼女』:

« 『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』 | トップページ | 『運命は剣を差し出す 1』 »