« 『あさぎ色の風』 | トップページ | 『灼眼のシャナ VII』 »

2005.01.07

『お・り・が・み 天の門』

林トモアキ 角川スニーカー文庫

20億円の借金のために悪の組織「魔殺商会」で働かされることになった女子高生・鈴蘭。
ところが、実はただの女子高生ではなく聖女だとか魔王だとか。神の使いvs神殺しの一族の闘いに巻き込まれ・・・・・・。

二転三転、四転五転・・・・・めちゃくちゃです。
ギャグなのかシリアスなのか・・・・・・はちゃめちゃです。

悪の組織の制服がメイド服ってところがいかにも。

「お・り・が・み」は「降り神」かな?
次巻のサブタイトルが「龍の火」だからブログ名の“龍”繋がりで読んでみようと思ったのだけど、んーーー、次はどうしようかなあ?つまらなくはないんだけど・・・・・。

Amazon.co.jp お・り・が・み 天の門イラスト 2C=がろあ~

|

« 『あさぎ色の風』 | トップページ | 『灼眼のシャナ VII』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2500672

この記事へのトラックバック一覧です: 『お・り・が・み 天の門』:

« 『あさぎ色の風』 | トップページ | 『灼眼のシャナ VII』 »