« 「バイオハザード4」7日目 | トップページ | 『彩雲国物語 黄金の約束』 »

2005.02.22

『東京ANGEL 黒の狙撃手』

本沢みなみ 集英社コバルト文庫

湊と雪子の現場でターゲットが何者かに殺された。
雪子は足を撃たれ、湊は行く先を告げずに出かけてしまう。海外から一時帰国した亘は巻き込まれ拉致されてしまう。
そして尚也と聖の前に「M」が現れる・・・・・・。

湊の過去が明かされる話。
尚也と聖が直接関わる話ではないので肩透かしをくったよう。今度こそ本題へ入ると思ったのだけど。
あらすじはおもしろそうなのに、湊メインではやはり盛り上がりに欠ける。

作者自身が設定の「高校生の暗殺集団」というものに辛くなっているのではないかと感じた。想像もしなかった事件が起こる世の中ですから。
ま、あと1冊ということなので最終巻のまとめ方に期待。まとまるのかいなと、かなり不安を感じますが。
思いっきりやってほしいです。

Amazon.co.jp: 黒の狙撃手    コバルト文庫―東京ANGELイラスト 宏橋昌水

『東京ANGEL』終わったら『新世界』書いてくれるかなー?
『新世界』の続きが読みたーい。

|

« 「バイオハザード4」7日目 | トップページ | 『彩雲国物語 黄金の約束』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3036153

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京ANGEL 黒の狙撃手』:

« 「バイオハザード4」7日目 | トップページ | 『彩雲国物語 黄金の約束』 »