« 『王朝唐紅ロマンセ』 | トップページ | 『青龍村の惨劇』 »

2005.02.11

『夏と花火と私の死体』

乙一 集英社文庫

兄妹と一緒に遊んでいた「私」は突き落とされ死んだ。
兄妹は「私」の死体を隠すが、見つかりそうになり隠し場所を変えていく・・・・・。

幼い兄妹が友達の死体を隠すさまを死体となった「私」の一人称で淡々と語られていく。
不気味なようでいてどこか情緒的な雰囲気を醸し出している。

いつ見つかるかのぎりぎりの緊張感、見つかってしまったときのすべてを諦めた脱力感。しかしそのあとにまだ続くこれぞホラーのオチ。
背筋が寒くなるというのはこういうのを言うのだと思う。

同時収録の『優子』のほうは、人間と人形の区別がつかない悲劇の話。
こちらはありがちな話かと思う。
もっとも『夏と花火と私の死体』のほうも、ものめずらしい設定ではないが、乙一ならではの仕上がりになっていると思う。

Amazon.co.jp: 夏と花火と私の死体    集英社文庫

|

« 『王朝唐紅ロマンセ』 | トップページ | 『青龍村の惨劇』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/2886593

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏と花火と私の死体』:

« 『王朝唐紅ロマンセ』 | トップページ | 『青龍村の惨劇』 »