« 『東京ANGEL 黒の狙撃手』 | トップページ | 『歓楽の都 譚詩曲の流れゆく』 »

2005.02.24

『彩雲国物語 黄金の約束』

雪乃紗衣 角川ビーンズ文庫
『彩雲国物語』2巻目

王様・劉輝は、秀麗を近くにおきたいがため、朝議で突然「国試の女人受験」を提案するが、黄尚書に一蹴される。
秀麗のほうは人手不足の朝廷の手伝いに借り出され、男装して、女人受験反対派の黄尚書の元でアルバイトをすることに・・・・・。

劉輝の天然なとぼけっぷりに爆笑。
この人、こんなにひどかったっけ?前巻ではけっこう切れ者だったはずじゃ?と戸惑いつつも、ま~、おもしろいからいいことに。

あとがきによると、前巻1巻で読みきりのはずだったとあって納得。
だから微妙なちぐはぐ感があるんだー。
でもやっぱり面白いので気にしないことにっ。

Amazon.co.jp: 彩雲国物語―黄金の約束    角川ビーンズ文庫イラスト 由羅カイリ

|

« 『東京ANGEL 黒の狙撃手』 | トップページ | 『歓楽の都 譚詩曲の流れゆく』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3057058

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語 黄金の約束』:

« 『東京ANGEL 黒の狙撃手』 | トップページ | 『歓楽の都 譚詩曲の流れゆく』 »