« いわゆるパーマ屋 | トップページ | 『暗夜鬼譚 烈風覇王剣』 »

2005.03.03

『暁天の星 鬼籍通覧1』

椹野道流 講談社ノベルス

法医学教室の話。
助手の伏野ミチルのもと、新人の伊月が勉強していく。

リアルです。いや、本物を知らないからリアルかどうかはわからないけれどっ。
ホラーのグログロよりスゴイかも・・・・・。(>_<)

個性的なメンバーが揃っていて全体の雰囲気は明るい。

ただし、ミステリなのかオカルトなのかはたまた・・・いろいろな面で中途半端。何かを求めて読むとはずれる。

Amazon.co.jp: 暁天の星 鬼籍通覧(1)    X文庫ホワイトハート      Amazon.co.jp: 暁天の星―鬼籍通覧    講談社ノベルスノベルス版
文庫版(イラスト 山田ユギ)
左から
ミチル、伊月、刑事の筧

ノベルス版で読んだのだが、姿かたちの説明と話し振りが一致しなくて、伊月と筧のイメージがつかめなかった。文庫版のイラストを見て「こういう人だったのねー!」とやっとわかった。(^_^;)
ちなみに、ミチルは女性。伊月は男。

|

« いわゆるパーマ屋 | トップページ | 『暗夜鬼譚 烈風覇王剣』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3158142

この記事へのトラックバック一覧です: 『暁天の星 鬼籍通覧1』:

« いわゆるパーマ屋 | トップページ | 『暗夜鬼譚 烈風覇王剣』 »