« 『君と緋色の恋を抱き』 | トップページ | 『バッド・エデュケーション』 »

2005.04.15

『血文字GJ 猫子爵冒険譚 』

赤城毅 祥伝社ノン・ノベル

1920年代のベルリン。連続する猟奇殺人。
被害者の一人に没落貴族の少女がいた。彼女の友人である女伯爵ウルリーケは犯人を見つけようと街を徘徊するが窮地に陥ってしまう・・・・・・。

主人公は猫子爵こと鷹宮洋一郎。日独混血の魔術師でかなりかっこよさげ、なんだけれど・・・・あまり印象に残らない・・・・あうあう(^_^;)
たぶん、強すぎて決着が早過ぎるのではないかと(^_^;)
“新しいダーク・サイド・ヒーロー誕生”という謳い文句なのだが、まだヒーローになりきれていない隣のお兄ちゃんなカンジ。

猫子爵の幼馴染のウルリーケのほうは、おしゃまなかわいらしさでとても魅力的。

|

« 『君と緋色の恋を抱き』 | トップページ | 『バッド・エデュケーション』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3715638

この記事へのトラックバック一覧です: 『血文字GJ 猫子爵冒険譚 』:

« 『君と緋色の恋を抱き』 | トップページ | 『バッド・エデュケーション』 »