« 都庁の味噌ミートソース | トップページ | 『血文字GJ 猫子爵冒険譚 』 »

2005.04.05

『君と緋色の恋を抱き』

高月まつり プラチナ文庫

桜の下で出会う、次期当主・裕利と使用人の子・浩太。
当主亡き後、仕事に追われる裕利は病に倒れ療養生活を余儀なくされる。
裕利を邪魔に思う後妻は、裕利が大切に思う浩太に狙いを定め・・・・・・。

BL小説ですが、・・・・・・・参りました。泣けます。
どこぞの中心で愛を叫んじゃうアレを鼻で笑ってた私が、というより、本を読んで泣くなんてありえない私がっ、涙溜めちゃいましたさっ。
まったくっ!
まさかBL本で泣くとは。それもプラチナ文庫~!なんでプラチナでこれなんだーーーー!(T_T)
だいたい、高月まつりさんといえば伯爵様シリーズが馬鹿面白くてコメディの人かと思ってたし~。(>_<) こんな切ない純愛が書ける方だとは・・・・・っと失礼っ!<(_ _)>

「君と緋色の恋を抱き」というプラチナらしからぬタイトルは、読後、本を閉じた時に一層の想いを感じる。よくもまあ、ここまでぴったりのタイトルをつけたものです。

ま、それなりの性表現はあるので嫌悪感のない方はぜひ。

|

« 都庁の味噌ミートソース | トップページ | 『血文字GJ 猫子爵冒険譚 』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3574612

この記事へのトラックバック一覧です: 『君と緋色の恋を抱き』:

« 都庁の味噌ミートソース | トップページ | 『血文字GJ 猫子爵冒険譚 』 »