« 「anego」2回目 | トップページ | 『妖魔なオレ様と下僕な僕5』 »

2005.04.28

『それでも、警官は微笑う』

日明恩(たちもり・めぐみ) 講談社NOVELS

密造拳銃を追っている池袋署の武本は、コンビニ強盗の現場で麻薬取締官の宮田と出会う。宮田は恩師の死に疑惑を抱いていて本来の仕事とは別に単独で調べていたのだった。
そして拳銃の売人を追っていると爆発に巻き込まれた宮田の姿があった。宮田は容疑者扱いされ武本は捜査を中止するように圧力がかけられる・・・・・。

冒頭のコンビニ強盗のシーンで、武本の年下の上司・潮崎警部補の場にそぐわない脳天気な発言にイライラ。しかし読み進めるうちにこの一見脳天気な発言が楽しみになってくる。
インターネットを駆使した犯人探しやいろいろな方面に及ぶ豊富な知識(お茶の話は面白かった)、それを生かすマシンガントーク。
さらに推理小説マニアなので時折推理小説の有名主人公の名前がぽろぽろ出てくる。どこまでわかるかの2次的楽しみを味わえる。
潮崎のキャラクターがなければここまで面白くなかっただろう。

でも主役は武本。

|

« 「anego」2回目 | トップページ | 『妖魔なオレ様と下僕な僕5』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/3880258

この記事へのトラックバック一覧です: 『それでも、警官は微笑う』:

« 「anego」2回目 | トップページ | 『妖魔なオレ様と下僕な僕5』 »