« 『すべてのものをひとつの夜が待つ』 | トップページ | 『ルパンの消息』 »

2005.08.23

『灼眼のシャナ9』

高橋弥七郎 電撃文庫

悠二への恋心を自覚しつつあるシャナ。
だが、シャナの育ての親ヴェルヘルミナは、悠二の存在はフレイムヘイズであるシャナのためにならないと考え悠二を殺そうとする。
そんな時、悠二は吉田さんに遊園地へ誘われる・・・・・。

突然帰ってきた悠二の父親・勘太郎がわけわからんすごい人。
母親・千草もなにげにすごい人だと思うけどそれ以上。
この夫婦ってもしかしてすごいキーパーソンなのでは??

巻が進むにつれシャナと悠二がイジイジしてきて嫌気がさしてた今日この頃。(^_^;)
電撃文庫自体そういう主役が多いので最近遠ざかっていたのだけれど、息子に「今回のは大丈夫だと思う!」とそそのかされチャレンジ。

息子よ、さすが母の好みをよくわかっている・・・・。(-_-;)

悠二の父親・勘太郎。
この人がいればまだまだ読めるぞ!

またどこか単身赴任先へ行ってしまったけれど、ぜひぜひ次巻も出てきてくださいっ!
勘太郎が出てれば読む。

  

|

« 『すべてのものをひとつの夜が待つ』 | トップページ | 『ルパンの消息』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/5598162

この記事へのトラックバック一覧です: 『灼眼のシャナ9』:

« 『すべてのものをひとつの夜が待つ』 | トップページ | 『ルパンの消息』 »