« 『ルパンの消息』 | トップページ | 『灰色の北壁』 »

2005.08.28

『暗夜鬼譚 剣散華(前編)』

瀬川貴次 集英社コバルト文庫

一条は賀茂の斎院・馨にもらった神宝を手に菅原道真の怨霊と対峙するが・・・・・。

まったく歯が立たず。

あっけな・・・・・。

ダーク夏樹(=菅原道真)は相変わらず滝夜叉姫といちゃこら。
夏樹の意識ってものはカケラもないんかいっ?
内面の葛藤とかってないの~?
主役がダークサイドに堕ちたまま一言もなく2巻分って・・・・・・。
これを補うべき一条の心理描写が足らない。

夏樹と一条がしっかり立ってないと、帝とあおえのボケた掛け合いもただむなしいだけ・・・・・。

辻のあやこの正体がわかったけれどだから何っ?
この人がキーになるんだったらもっとむなしい・・・・・。

結局、前巻からなんの進展も無し。

|

« 『ルパンの消息』 | トップページ | 『灰色の北壁』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/5672995

この記事へのトラックバック一覧です: 『暗夜鬼譚 剣散華(前編)』:

« 『ルパンの消息』 | トップページ | 『灰色の北壁』 »