« 『シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓』 | トップページ | 『大鷲の誓い』 »

2006.07.30

『ドリームバスター 3』

宮部みゆき 徳間書店

「赤いドレスの女」…1巻に出てきた頭グラグラのOL理恵子のその後。マエストロにもらったリストバンド(普通は見えない)を付けているせいか、他人の考えていることがわかってしまったり、ユーレイのようなものが見えてしまったりする。
理恵子同様、シェンとマエストロに助けてもらった親子をインターネットで知り、会って話をすることに・・・・・。

他「モズミの決算」「時間鉱山Part1」の三篇を収録。

「モズミの決算」も前巻の続き。
親に虐待されている子どもと、その子どもの夢についた逃亡犯のその後。

「時間鉱山」は“Part1”って・・・・何よ。(-_-;)
この3巻目は続きだったり布石だったり導入部だったりで、必要なエピソードなのだろうけど、こういう巻は読後がすっきりしない。
完結してから一気読みのほうがいいかも。

|

« 『シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓』 | トップページ | 『大鷲の誓い』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/11151173

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリームバスター 3』:

« 『シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓』 | トップページ | 『大鷲の誓い』 »