« 『ソルブライト』 | トップページ | 『龍の黙示録6 水冥き愁いの街 死都ヴェネツィア』 »

2007.09.12

『Stand Alone』

駒崎優 講談社X文庫ホワイトハート

個展を開いている画家クリスのもとに1人の青年ラフィが訪れる。彼らは少年時代に兄弟のように育った幼馴染だったが、ある事件を境にクリスは消息を絶ち、10年ぶりの再会であった。
クリスは、ラフィとの再会を喜びながらも過去の事件のトラウマに悩まされ、どうしてもラフィを受け入れることができない・・・・。

BLらしいんですが、どちらかといえばゲイ小説?
いや、本物は知りませんが、派手な肌色満載の“ありえねー”BL小説とは違う雰囲気。
ちょっとミステリっぽいところもあり、恋愛ドラマではないところがよい。

表紙は普通のラノベっぽいけど、挿絵は華美なマンガちっくじゃなくて、この小説の雰囲気に合っててとてもいい感じ。

|

« 『ソルブライト』 | トップページ | 『龍の黙示録6 水冥き愁いの街 死都ヴェネツィア』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/16422887

この記事へのトラックバック一覧です: 『Stand Alone』:

« 『ソルブライト』 | トップページ | 『龍の黙示録6 水冥き愁いの街 死都ヴェネツィア』 »