« Thunderbirdですが | トップページ | 確定申告~ »

2008.02.16

『眠る探偵4 青い鳥』

榎田尤利 講談社X文庫ホワイトハート

完結巻。
連続強制殺人事件――脅迫して人を殺させるという事件が多発。子供の頃のいじめが原因の復讐劇だとわかるが、警察では実行犯の後ろに人を操れるという殺人鬼・三条が絡んでいるのでは見る。しかし三条をよく知る真音は三条にしては短絡過ぎる事件だという・・・・。

人の夢に同調し、同じ夢を見ることができる市羅木真音(いちらぎ・まおん)。幼馴染で真音のことを偏愛している三条。ようやくこの巻で決着します。
探偵助手で義弟の不破や刑事さんたちもそれぞれの役割をきちっとこなしていて、4巻目にしてようやく本としてまとまっているなあと思いました。

しかし本当に濡れ場はいらないなあ。それっぽい雰囲気は醸し出してもいいけど実況はいらないです。事件そのものが社会性のある事件だし、真犯人に至るまでの過程もなかなかいいので、これだったらハードカバーで出しても良さそうなのに、男同士の濡れ場がある限り無理ですね。残念。


“夢”が関わってくるので、寝る前に読むのはやめましょう。私はこれで翌日の頭痛に悩まされました。(いえ、決して二日酔いではありませぬ・・・)

|

« Thunderbirdですが | トップページ | 確定申告~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17977/40143096

この記事へのトラックバック一覧です: 『眠る探偵4 青い鳥』:

« Thunderbirdですが | トップページ | 確定申告~ »